1500本の桜の木が並び「桜のトンネル」と言われる福島県富岡町の夜森公園
の桜が4月下旬に2年ぶりに花見の為、臨時バスが出ることになった。

震災、東京電力福島原発事故により避難区域に指定されたこの町では咲き誇る桜並木を
去年は見に行く事さえできず、映像で地元の人は悔しいながらも花見をしたそうです。

2年の時を経て、復興も進み人の力で何とか今年は直接、目で見て楽しむ事ができそうで
心温まるニュースに少し嬉しい気持ちになりました。

大阪北堀江よりこんばんは。北市です。

近代文化が進み、携帯電話やメール、ツイッター、facebookなど人とのつながりを
保つツールが多くなってきて震災時の応援、励ましが声が届かなくても気持ちが伝わり多くの
人の心がすくわれた事実があります。

反面、便利になり過ぎて面倒な「書く」という作業をあまりしなくなりました。
年賀状もパソコンで。連絡はメールで。
人の持つ暖かさが伝わりにくくなってますね。

そんな中「文字にして書く」という時代に逆行した作業を、ダイビング中に行ってきました!

大阪より約3時間。海の中に沈んでいる「水中ポスト」にそれぞれ伝えたい事をはがきに書いて投函してきました!
ダイビング前に水中でも破れない特殊なはがきに綴り持って入ります。














投函から約一週間。水中郵便局からその住所の方の元へ海の香りとともに
届く事でしょう!

















ビーチダイビングとボートダイビングを楽しみ大阪へ。1泊2日のダイビングツアーでした☆
誰が誰にはがきを送ったのかは知りませんが、受け取った人はメールより、facebookより
何倍も嬉しい気持ちになって暖かさを感じてくれるはず。

想いよ届け、あなたの元へ……。