東京でパブロ・ピカソの没後40年を記念した企画展が開催され

ピカソが生涯に制作した約2,000点の版画作品の中から

肖像作品を中心に約60点が展示されるそうです(^○^)

素晴らしいものは何年もたった後でも残りますね♪

本日はアズール大阪北堀江店よりたかしがお送りいたします!

海の中にも芸術はたくさんあって

メキシコのカンクンに

2009年にサンゴ礁の生育を促すために

英国芸術家ジェイソン・カイリース・テイラーが手がけた石像約400体が海底に沈められいますヽ(^o^)丿

ダイビングを楽しみながら美術鑑賞も楽しめるなんて一石二鳥ですね!!!

石像にサンゴが付着してできた自然現象はまるで計算されて造られた一つの作品みたいで

人物像だけでなく、電話やルービックキューブなどの小物もあって遊び心満載です♪

そして透明度も抜群なので石像だけでなくお魚達もたくさん見ることができます!!